エマロックについて

  • TOP
  • エマロックについて
WEB診断・資料請求

WEB診断・資料請求

WEB簡易診断、お見積り、
サンプル視察、その他、資料請求など…
どんな些細な事でも結構ですのでお気軽にご連絡ください。

詳しくはこちら

エマロックについて

誕生秘話
特許工法のあゆみ
エマロック基礎編
エマロック応用編
エマロック実践編

エマロ君誕生秘話

エマロック工法が誕生するまで

エマロック工法が誕生するまで

誕生秘話

誕生秘話

きっかけは「施主さんにとって一番良い方法は何か」と自分自身に問い詰めた事でした。

平成13年2月ごろ。
7階建てビルの壁にひび割れが見え、雨漏りしていると思われるALC建物を見ました。

ALCのひび割れ部Vカット、シーリングの打ち換え、再塗装が一般的であり、コストも比較的安価であるが、施主さんにとって一番良い方法は何かを考えたのがきっかけとなります。
資産価値のアップ、再発しない、見栄えのよい方法として、外装材を張る(かぶせる)方法を考えてみたが、軽量コンクリートに固定する方法に苦慮しました。

工法誕生には苦労あり

工法誕生には苦労あり

耐熱・耐振動・耐水性などクリアーできる作業方法を考えた。

熟考の末、アンカーの樹脂にある樹脂がいいのではないかと探しあてました。

ある樹脂とは、自動車のルーフラックの継ぎ手(アルミ/アルミ)、ブラケット(樹脂ブラケット/天井ボード)、ホイルカバー(ウレタン/鋼板)などの接着に使用されており、耐熱・耐振動・耐水性などクリアーできると考え、作業方法など検討に着手しました。

コストダウン約1.5倍を実現

コストダウン約1.5倍を実現

トータルコストでは塗装と比較いたし、約1・5倍くらいまでダウン可能の工夫ができた。

熟考の末、アンカーの樹脂にある樹脂が最適ではないか?との発想が生まれました。

平成15年1月28日
当時大手メーカーにて工場長、雨樋・エクステリア関連で金属建材商品部部長をしていた方と、エクステリア事業部で営業一課主任をしていた方の両名に相談。「過剰品質でそこまでの強度は必要はないでしょうね」との懇切丁寧な説明を受けました。その後、コストダウンに工夫をかさね、トータルコストでは塗装と比較いたし、約1.5倍くらいまでダウン可能の工夫ができました。

自信を持った工法

自信を持った工法

このエマロック工法で、マイホームをお持ちの方あるいはビルのオーナーさん方に喜んでいただけるよう自信をもっておすすめしたい。

特許工法のあゆみ

こうして誕生したエマロック工法は当社 エマール工業株式会社の特許として取得をしております。
工法誕生までは長い苦労を重ね実現できたものですが、この技術を特許として取得するには更に長い苦労とたくさんの仲間たちがいたからこそ実現ができました。ここではそんな特許取得までの道のりをご紹介いたします。

工法誕生の裏話

工法誕生の裏話

始まりは何気ない会話から誕生。

平成13年2月後半、知人と江坂での飲食中に、ALC壁に外装材の取り付けができればよいのにな~の話があり。その当時、外装材のことは知識なく、業界のことも無知であった。接着剤のことの知識があったのとALCのこと、シーリングのこと、塗装のことなどの知識があったから、ALC面の塗装をはがして凹部をつくり、そこへエポキシ樹脂の早いタイプで固定できると思う・・・・と説明。接着剤の知識のない知人は「目からうろこ」の話だ!と喜んだ。

たくさんの方の協力により

たくさんの方の協力により

ホームセンターで速乾タイプのチューブ入りのエポキシ樹脂を購入ALCに穿孔穴、アンカーをエポキシ樹脂で埋める・・・・・この作業を野田一秋氏との3人でスタートしました。ですが結果としてこのやり方ではダメであることが判明しました。
当時、外資系の会社に勤めておられたA氏に、ある樹脂での対応を依頼しました。
エポキシ樹脂で簡易テストの実施。強度は出るが、作業性などで実用的でないことを実感した「A氏」はある樹脂の営業担当のB氏に相談。
B氏は「あれ」がいけるかも・・・・との思いで、付き合っていたアンカーメーカーのC氏に相談。
そして実験をしたところ,『ビックリするような強度がでた!』ため今後のことを話し合いしました。

特許申請までの長い道のり

特許申請までの長い道のりり

13年12月3日。箕面山荘で関係者説明会実施。
出席者から特許申請をすすめられA氏の指導のもと申請をスタート。
特許事務所の工学博士から、特許取得には(1)新規性(2)独自性(3)予想外効果の3つがなければ取得が出来ない旨の説明が申請途上にありました。
特許庁より拒絶理由通知書がきて、その対応に苦慮しましたが 特許事務所の先生とのやり取りを通じ、意見書・手続補正書・拒絶査定不服審判請求・手続補正指令書などで異議申し立てをいたし、やっとの思いで取得できました。
昨今ではこの工法に何か協力できないか?とお話を頂くことも多く見られてきました。
もしご興味をいただける方はご遠慮なくご連絡をいただければと思います。
たくさんの方に支えられて出来た工法を、より広く皆様に知っていただければと思います。

エマロック(基礎編)

“エマロック工法”とは。

エマロック工法とは
エマロック工法
エマロック工法
エマロック工法

他メーカーでALCの上から金属・ラムダなどの外装材をかぶせる工法はあるのですが、(アイジー工業のナイスカバー工法等)アンカーでの固定は不可能で、ALCの壁(厚100mm)を貫通させてとめています。ALCを貫通させるのは、大変な作業で、建物の中にホコリ・内装の解体及び復旧などの問題があります。

その点、エマロックは貫通させずに、アンカーだけで止めることができ、建物の内部には一切影響しません。

施工の流れ

(1)ドリルで穴あけ
(1)ドリルで穴あけ
(2)穴の掃除
(2)穴の掃除
(3)エマロックプライマー塗布
(3)エマロックプライマー塗布
(4)アプリケーターでエマロックメルトを充填
(4)アプリケーターでエマロックメルトを充填
(5)ドリルでエマロックアンカーの打ち込み
(5)ドリルでエマロックアンカーの打ち込み
(6)打ち込み完了
(6)打ち込み完了

ALCは軽量で耐火性能・断熱性能に優れた外壁材ですが、取付強度保持の難しさや劣化等の問題により、ALCの外壁のリフォームの多くが再塗装にて処理されています。しかし、一般的な吹付塗装は5~7年ごとの塗り替えが必要で、ALC建築物の雨漏りについても根本的な解決にはなり得ませんでした。

ALC改修システムは、そんなALC外壁特有のデメリットを改善。
さらに、ALC建築物の完全なリフレッシュと外断熱効果をプラスする事に成功いたしました!

  • 塗装でのリフォームに満足できない外壁
  • リフォームサイクルの延長や資産価値アップ

これらに最適な外装パネルと取付工法のご提案を致します。

エマロック工法図解
エマロック工法図解
エマロック工法図解
ご相談・お問い合わせ

こんなお悩みお持ちではありませんか?

ALCについて、このような事でお悩みはありませんか?

  • 壁が古くなってきて、耐久性が心配である
  • 原因がわからない雨漏りがする
  • 改修直後に新たなヒビが入る事がある
  • ランニングコストが気に掛かる

ALC改修システムは、従来のALC外壁リフォームと違い、最初の費用はかかりますが、一般的な外装塗装は約5~8年ごとに再塗装が必要となるため、長期的に考えると維持コストは格段に安くなります。

エマロックの強度ってどうなの?

今まで、ALC改修に関しては、たくさんの方々があの手、この手で、よい改修方法はないかと模索して来ました。
改修に当たって、「ALC」に「ボルト」貫通させずに、施工する事が「禁止されている」のは周知のことかと思います。かといって、ボルトを「貫通」させての改修となると、「大掛かり」になり当然、「費用」もかかってしまうのが現実でした。

エマロックはそんなデメリットを払拭させ、「貫通」させずに、新しい外壁材を張っても大丈夫と太鼓判を押してオススメできる商品です。

「エマロック」は特許取得しており、強度に関しても試験結果にて実証されています。
過去の天災にも耐えうる強度を持っています。

試験方法・装置紹介

ALCに穴をあけ清掃し、エマロックプライマー塗布し、エマロックメルトを充填後、エマロックアンカーを打ち込み後、下記の試験装置を用いて、手動にて載荷を行い、荷重(どのくらいの力に耐えれるか)と変位(どのくらいボルトが浮き出てくるか)を記録します。

試験方法・装置紹介
試験方法・装置紹介
試験方法・装置紹介

試験結果

試験結果

グラフではピンとこないという方へ ~どちらが“エマロックメルト”でしょう?~

Before
After

正解は向かって「右側の白いほう」です。
やわらかいのになぜ強いのか?」「強いわけがない」と思ったそこのあなた、この柔軟性が、地震などの3Dの揺れや、うねりに耐えうる秘密なのです。 ちなみに左側は「エポキシ」です。非常に硬く、強い材質です。しかし、一定以上の力が加わると、たゆむ事がないので、真っ二つに折れてしまいます。 この柔軟性と、エマロックアンカーを組み合わせることで、強力な耐久性を生み出しているのです。
硬い=強いではなく、特性を掛け合わせることで、300キロの力にも耐えうる耐久性を生み出す事に成功しました。

エマロ君の誕生秘話はこちら

簡単お悩み診断
簡単お悩み診断

エマロック(応用編)

“エマロック工法”のメリット

超耐久性
■耐用年数が従来工法に比べ3~5倍に!

ALCの外壁のリフォームの多くが再塗装にて処理されていました。
しかし、一般的な吹付塗装は5~7年ごとの塗り替えが必要で、ALC建築物の雨漏りについても根本的な解決にはなり得ませんでした。
エマロックは強靭なパワーと耐久性を兼ね備えた新工法です。

エコ
■省エネ対策に最適!

外断熱を施工する事もでき、さらにALCと外壁材の間に断熱材を入れることで、驚きの効果を発揮します。

■内装の解体を行わないので、産業廃棄物が少ない!
貫通させずに、アンカーだけで止めることができ、施工中でさえ、建物の内部には一切影響しません。

経費削減
■下地までの平米コストが従来工法の約1/2に!

従来のような大掛かりな工事をすることなく、強度、耐久性がありますので、お財布にもやさしくなりました。

■環境減税の制度を活用しよう!
中小企業向け省エネ促進税制のひとつ中小企業向け省エネ促進税制などがあります。いろいろな制度を活用して、経費削減に取り組む事ができます。

“エマロック工法”参考プラン

プランA

プランA

設計士を立ててデザインいたします。

  • ウッドルーバーでかっこいいデザイン+日照調整・遮熱調整
  • 金属・ウッド・塗装を組み合わせ自由にデザイン
  • 金属外装材と断熱材を組合す事によって、より一層高い外断熱効果。
  • 石、タイル調などの比較的重量のある物でも施工可能。
プランA
プランA
プランB

プランB

基本的に金属サイディング・金属外装材

  • 各メーカーの商品が選べる。
  • 外装材の中に断熱材が入っているので外断熱効果あり

“エマロックページ”に記載があるメリットがいっぱい!!

プランB
プランB
プランC

プランC

シーリングの打ち換え・塗装の塗り変え。

  • 上記2つに比べると安価
  • 長くて約5年~7年程の寿命
  • 色でイメージを変えられるが、一新とまではできない。
  • 新たなヒビ(クラック)には対応ができない。
  • あまりにも劣化が激しいとALCその物の貼替えが必要。

要内装の解体と復旧=かなりの高額

プランC
プランC

建築家がオススメする“エマロック工法”外装材

建築家がオススメする“エマロック工法”外装材

断熱裏打金属外装板(イソバンド・金属スパンドレル・金属サイディング)

オススメポイント!

  • 金属の平滑でツヤのある表面によって、耐汚性に優れ、汚れも目立にくい。
  • 断熱材で裏打ちしているため、断熱性能UP!
ウッドルーバー・金属ルーバー・金属パンチング板

ウッドルーバー・金属ルーバー・金属パンチング板

オススメポイント!

  • 外装のイメージを一新できる。
  • 日照調整ができる。
    (外部からの光を調整可能、日光を遮断することも、取り入れることも自由。遮熱効果もあり。)
吉田豊建築設計事務所の吉田 豊です。

吉田豊建築設計事務所の吉田 豊です。

地域に関係なく日本中で多くみられるALCによる建築物。経年による汚れ、傷みなど、メンテナンスが必要な状態には、汚れを落とし、再塗装するといった手法が主流でした。今まで内装をさわることなくALCの外壁を改装することは不可能だったためです。エマロック工法はこのALCに威力を発揮する画期的なアンカー工法です。これによって、安価に自由なイメージで外装材をリニューアルすることが可能となりました。また、単に建物のイメージを一新させるという、デザインの改変に留まるだけでなく、日照調整や断熱性能の向上といった、自然環境に適した住環境の改変も可能となります。これは、近年、都心部のオフィスで注目されるダブルスキン工法(外壁のガラスを二重とするなどして、窓際の温熱環境を向上させ、省エネを図る建築手法のことです。)をリニューアルにより実現するものといえるでしょう。
時代は今や、今ある住資産を如何にうまく活用し、共に生きるというサスティナブルな価値観の時代へと大きくシフトしました。こうした外装の一新は、安価なリニューアルという価値観だけでなく、建築物の耐久性の向上、温熱環境の向上による省エネ、さらには排出資材の軽減による省資源、リサイクルにつながり、地球環境への優しさといった視野までを含めた一歩先行くサスティナビリティを示すものと言えるでしょう。
HP:http://yy-aaa.com/title.html